日本スポーツ社会学会諸規程・細則

倫理規程

LinkIcon倫理規程

(人権の尊重・差別の禁止)
第1 条会員は、研究・調査・教育にかかわる者として、人権の尊重に最大限の配慮を行う。また、思想信条、性別、性的指向、年齢、出自、宗教、民族的背景、障害の有無、家族状況などに関して、差別的な取り扱いを行わない。

(研究・調査・教育における社会的公正・信用の確保)
第2 条会員は、研究・調査・教育にかかわるすべての過程で、社会的公正を維持し、社会的信用を損なわないように努める。

(研究目的、研究方法の妥当性への配慮)
第3 条会員は、研究目的と研究手法の倫理的妥当性を考慮する。

(プライバシーの保護)
第4 条会員は、研究・調査・教育を行うにあたって、この過程で知り得た個人情報やプライバシーの保護に最大限の注意を払う。また、上記成果の公表にあたっては、対象者の
意向を尊重する。

(ハラスメントの禁止)
第5 条会員は、研究・調査・教育・学会活動を行うにあたって、セクシャル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント、パワー・ハラスメントなどのハラスメント行為を行
わない。また、そのような行為を認識した場合は積極的、かつ厳正に対処する。

(研究活動における不正行為の禁止)
第6 条会員は、研究・調査を行うにあたって、データの捏造や改変など、研究者としての倫理に悖る行為を行わない。

(研究資金に関する不正行為の禁止)
第7 条会員は、大学研究費、科研費・民間等の研究資金の受託および使用にあたって不正行為を行わない。また、不正行為に対する基本姿勢を明確にし、それを阻止する環境整備の構築に努める。

(研究・調査・教育成果の公表)
第8 条会員は、研究・調査・教育における成果を積極的に社会に公表し、社会的な貢献を果たす。成果公表にあたっては、社会的影響力の大きさと責任を自覚し、公益性の確保に努める。

(著作権侵害の禁止)
第9 条会員は、研究・調査・教育におけるオリジナリティを確保し、成果の公表に際しては、他の研究者、学会が保有する著作権の侵害を行わない。

(剽窃・二重投稿の禁止)
第10 条会員は、剽窃、自己剽窃(自らが執筆した過去の著作物からの大幅な無断引用)、アイデアの盗用を決して行わない。また、本会機関誌にとどまらず、他誌への論文投稿においても二重投稿を行わない。

(相互批判・相互検証の場の確保)
第11 条会員は、研究・調査・教育における成果に関して、会員相互の研究的立場を尊重し、相互批判・相互検証の場を確保する。

(学会運営に関する秘密保持)
第12 条会員は、学会運営にかかわる職務上知り得た情報の秘密を厳守する。

(倫理委員会の設置)
第13 条本学会に、倫理委員会を置く。倫理委員会の細則については別途定める。

(改廃)
第14 条本規程の改廃は、理事会の議を経て総会で決定する。
付則本規程は2016 年4 月1 日より施行する。

役員選出細則

LinkIcon役員選出細則

日本スポーツ社会学会会則第10 条3 項にもとづき,本細則を定める.

(役員選出の原則)
第1 条本学会が,これまでのスポーツの社会学的研究の歴史的経過をふまえ,体育学並びに社会学会をはじめとする関連領域の学際的学会であることに鑑み,役員の選出にあたっては,各専攻分野の役員の意向が反映されるように努めるものとする.

(理事の選出)
第2 条理事の選出は正会員による無記名投票選挙によるものとする.理事会が郵送による選挙を決定した場合には,郵送によらない投票は無効とする.

(選挙管理委員会)
第3 条理事の選挙にあたっては,理事会は選挙管理委員会を選出し,選挙管理委員会を構成させる.選挙管理委員会は理事選挙の執行について責任を負い,事務局の協力を得て必要な事務を行なう.

(開票立会人)
第4 条開票立会人は,正会員の中から2 名を理事会が依頼する.

(有権者名簿)
第5 条有権者名簿は,会員の住所録をもってかえることができる.ただし,被選挙権,選挙権ともに当該年度までの会費納入者に限る.顧問については,選挙権は有することになる.

(投票)
第6 条投票は,理事定数の半分(端数切り捨て)を連記するものとする.ただし,不完全連記の場合も有効とする.

(当選)
第7 条同点の場合は,選挙管理委員会の抽選により決定する.

(理事の定数)
第8 条理事の定数は,原則として正会員が200 名以内のときは20 名に1 名,200 名を超す場合は,200 名を超えた会員数30 名毎に1 名を増員する(端数は切り捨て).この定数は理事会で予め投票前に会員に知らせることとする.

(理事の補充)
第9 条選挙の執行後,会長は会員の地域,専攻分野および性別の意向を反映させるために必要と認めたときは,選挙結果を参照して3 名以内の正会員を理事として指名の上補充することができる.ただし,この指名,補充された理事の数は定数の中に入らないものとする.

(理事の繰り上げ補充)
第10 条理事当選者が辞退,もしくは理事に事故があったときは,次点者を理事に繰り上げるものとする.

(会長)
第11 条会長は,新理事のなかから互選して会長候補を選出し,総会において決定する.

(役員の任期)
第12 条会則第10 条の規定にもかかわらず,顧問以外の全ての役員は,2 期(4 年)を越えて連続して役員になることはできない.ただし,途中1 期2 年以上の間隔があいた場合はこれに抵触しない.

(監事)
第13 条監事は,理事以外の正会員の中から理事会が委嘱し,総会の承認を受けるものとする.

(顧問)
第14 条顧問は,理事会が以下のいずれかの推薦条件を満たす会員から役員改選期ごとに選出する.会員がこれを受諾した場合,理事会は総会に顧問を推薦し,その議を経て決定する.(1) 会長を勤め,かつ65 歳以上となった正会員.
(2) 役員を通算7 期以上勤め,かつ65 歳以上となった正会員.
(3) 上記2 項と同等の功績があると認められる正会員.なお,会費は徴収せず,被選挙権は有しないものとする.

付則第11 条,第13 条および第14 条の中の総会の承認は,総会出席者の過半数による承認を受ければ足りるものとする.

1995 年3 月29 日理事会決定
2005 年11 月20 日理事会改定
2011 年6 月24 日理事会決定
2012 年3 月18 日理事会決定
2014 年3 月21 日理事会決定
2016 年3 月20 日理事会決定

理事会運営細則

LinkIcon理事会運営細則

(目的)
第1 条この細則は、日本スポーツ社会学会(以下、本会と言う)の理事会の運営に関して必要な事項を定める。

(構成)
第2 条理事会は、すべての理事をもって構成し、本会の重要な業務執行に関する事項を決定するとともに、理事の職務の執行を監督する。
2 監事は、理事会に出席し、必要に応じて意見を述べることができる。
3 顧問は、理事長の要請により理事会に出席し、意見を述べることができる。

(役員以外の出席)
第3 条理事会は、必要に応じ、理事及び監事以外の者の出席を求め、その意見又は説明を求めることができる。

(理事会の種類・開催)
第4 条理事会は、通常理事会及び臨時理事会とする。
2 通常理事会は、原則として三月と八月に開催する。
3 臨時理事会は、必要に応じて開催する。
4 理事会は必要に応じて、電子メール等を利用した書面会議をもって議事の審議および決定をすることができる。

(招集権者)
第5 条理事会は、会則第14 条に基づき、理事長が招集する。
2 招集権者でない理事は、前項の招集権者に対し、理事会の目的事項を記載した書面をもって、理事会の招集を請求することができる。

(招集手続き)
第6 条理事会の招集通知は、理事会開催日の一週間前までに、各理事及び各監事に対して、書面若しくは電磁的記録により通知しなければならない。
2 前項の招集通知には、会議開催の日時、場所及び主な議題を記載しなければならない。
3 前2 項の規定にかかわらず、理事長が緊急の処理を要すると判断した時は、電磁的記録により、招集の手続きを経ることなく、理事会を開催することができる。

(議長)
第7 条理事会の議長は、理事長がこれに当たる。ただし、理事長に事故があるとき又は理事長が欠けたときは、議長は出席理事の互選で定める。

(理事会の成立)
第8 条理事会は、理事の三分の二以上の出席をもって成立とする。ただし、欠席する理事が委任状を提出した場合は、その理事は出席したものとみなす。
2 議長は、議事に入る前に、理事及び監事の出席の状況を理事会に報告しなければならない。

(決議の方法)第9 条出席理事議決権の過半数を以て決議とし、可否同数の場合は議長が決定する。

(決議事項)
第10 条理事会は、次の事項を審議する。
(1)会員の入退会に関する事項
(2)会則の変更に関する事項
(3)会計に関する事項
(4)各委員会事業に関する事項
(5)学会大会に関する事項
(6)役員の選任に関する事項
(7)その他、理事会が必要と認める事項

(議事録)
第11 条理事会の議事については、議事録を作成し、議事の経過の要項及びその結果の事項を記載して、会議に出席していた理事の全員がこれを承認しなければならない。
2 前項の議事録は、会員に書面又は電磁的記録によって公開しなければならない

(改廃)第12 条本細則の改廃は理事会の議を経て決定し、総会にて報告する。

附則 本細則は、2017 年3 月17 日から施行する。

倫理委員会細則

LinkIcon倫理委員会細則

(目的)
第1条 本「倫理委員会」(以下、「委員会」と称する)は「日本スポーツ社会学会倫理規程」第13 条に基づき設置されるものである。本委員会は、本学会員の研究・調査・教育・学会活動等における倫理的な問題に関する学会への質問・相談・問題提起を受け、対応について理事会に提案することを目的とする。

(委員会構成)
第2条委員は理事・顧問及び会員から、当該の問題に関する適切な委員3名を理事長あるいは会長が選出し、委嘱する。委員長は、委員就任時の理事が務める。
2 委員長は委員会を主宰する。
3 委員の任期は、当該の問題に関する職務遂行の完了をもって終了する。ただし、理事の任期が満了になった場合、あるいは委員に不都合が生じた場合は、任命者に相談の上交代することができる。

(職務)
第3条委員会は、本学会員の研究・調査・教育・学会活動における倫理的な問題に関する学会への質問・相談・苦情・問題提起を受け、「日本スポーツ社会学会倫理規程」に基づき、内容について審査し、対応について検討する。
2 委員会は、学会によせられた質問・相談・問題提起について、当事者の人権に配慮し、必要に応じて学会外の第三者的有識者から意見を徴収することができる。
3 委員会は、学会によせられた質問・相談・問題提起の検討経過及び結果を理事会に報告し、理事会が対応に当たる。

(事務担当)
第4条委員会の職務に伴う事務は、学会の事務局が担当する。

(改廃)
第5 条本細則の改廃は、理事会の議を経て決定し、総会にて報告する。

附則 本細則は2017 年1 月1 日より施行する。

研究委員会細則

LinkIcon研究委員会細則

(目的)
第1 条本細則は、日本スポーツ社会学会(以下、本学会)会則(以下、会則)第15 条3項の規定に基づき、本学会の研究に関する企画遂行のために必要な事項を定める。

(企画・業務)
第2 条委員会は、本学会の研究に関する以下の企画・業務を行う。
(1)本学会の2 年間のプロジェクト研究テーマを定める。
(2)研究計画を立て研究を推進し、その結果を学会大会組織委員会と連絡を取り、大会の研究委員会シンポジウムで報告する。
(3)年に2 回程度委員会を招集し、研究会を2 回程度開催する。
(4)スポーツ社会学の裾野を広げ、研究の質を高めるため関連領域と連携を深める。

(委員の就任)
第3 条委員会は、若干の理事、およびその理事により指名された会員によって構成される。委員長は、理事の中から互選によって決定される。

(任期)
第4 条委員の任期は理事の任期と同じく2年とする。

(経費)
第5 条委員会の活動および事業の経費は、理事会の決定によって支出される。

(改廃)
第6 条本細則の改廃は理事会の議を経て決定し、総会にて報告する。

(施行日)
本細則は、2017 年9 月10 日から施行する。

広報委員会細則

LinkIcon広報委員会細則

(目的)
第1 条本細則は,日本スポーツ社会学会(以下,本学会)会則(以下,会則)第15 条3項の規定に基づき,本学会の広報を行なうために必要な事項について定める。

(業務)
第2 条委員会は,本学会の広報に関する以下の業務を行う。
(1)本学会の会報の編集および発行
(2)本学会ホームページの編集および管理・運営
(3)その他,本学会の広報に関する事業

(構成)
第3 条委員会は,以下の委員・幹事等によって構成される。
(1)理事会より推薦された担当理事より委員長1 名と副委員長1 名
(2)理事会および担当理事より推薦された委員若干名
(3)委員会により推薦された幹事若干名
ただし、上記委員以外に必要に応じて専門委員を委嘱することができる。

(任期)
第4 条委員および幹事の任期は、理事の任期と同じく2 年とする。ただし再任は妨げない。ただし、ウェブサイトの管理など継続性が必要とされる業務にあたる者は次期委員会との引継の完了時まで,その業務を遂行する。

(経費)
第5 条委員会の活動および事業に必要な経費は理事会の決定に基づいて支出される。

(改廃)
第6 条本細則の改廃は理事会の議を経て決定し、総会にて報告する。

(付則)
本細則は2006 年4月1日から施行する。

2017 年9 月10 日一部改訂