J-Stage掲載に伴う2016年3月以降の論文投稿方式の変更について(第二報)

 先の総会で承認されましたように、本学会の毎年の成果物は従来の紙媒体による『スポーツ社会学研究』とともにJ-Stageにも掲載していくこととなります。

 これに伴い主に次のような変更が行われます。

  1. 投稿は既存の年二回受付から常時受付に変更されます。これまでの3月31日と9月30日の投稿締切方式は廃止となり、2016年3月31日以降、随時投稿できるようになります。
  2. 投稿はメールにて投稿専用のアドレスに送ります( jjosshensyu@gmail.com )。原則として従来の郵送方式では行いません。
  3. 論文の完成度をより高められるように、査読―修正回数をこれまでの二回から最長で四回まで増やします。
  4. 採択された論文は、J-Stageにも掲載されます。時期によっては紙媒体より早く公開されます。
  5. メールによる投稿システムによって運営し易いようにするため、執筆のしかたが一部従来と異なります。「『スポーツ社会学研究』の発行に関する規定」のなかの「Ⅱ. 執筆要項」に詳しく記していますのでそれを参照してください。また、別にここで掲載しております「『スポーツ社会学研究』投稿原稿の作成について」でも、執筆ページの順に従って、ページごとの記載方式や順番等について簡便に記載されています。そこで記載されている指示を必ず守るようにお願いいたします。

 この新方式は2016年3月31曰より施行されます。投稿されます会員は「『スポーツ社会学研究』の発行に関する規定」を熟読しご応募ください。
 なお、従来の紙媒体での、次号24巻第2号(2016年10月発行予定)においての掲載を希望されます方は、査読の期間がありますので、2016年4月初めには投稿されるようお願いいたします。
 この件につきましてご質問等ございましたら、事務局経由で編集委員会までおたずねください。

2016年3月25日
編集委員長 山下高行